主婦でも借り入れる金融機関とは?

金融機関からお金を借りる場合は、当然のことながら、返済能力があることが必要です。
主婦の方でも、安定継続した収入があれば、返済能力があるということでキャッシングは可能です。パートやアルバイトの方で申し込みができます。

 

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、主婦の方も借入可能となっていることが多いです。ただし、専業主婦の場合は借りられないこともあるので事前に確認してください。専業主婦も借りられるのは楽天銀行や三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行等です。また、一部の地方銀行のカードローンでも専業主婦に貸し付けを行っています。銀行のカードローンは金利が低く、限度額が100万円あるいは200万円以下なら収入証明書の提出もしなくてよいので主婦の方にとっては借りやすくなっています

 

また、消費者金融のキャッシングも主婦の方も利用できますが、自分に収入の無い専業主婦の方は借入が難しくなっています。大手消費者金融では専業主婦には貸し付けをしていないので、専業主婦の方は中小のレディースローンを利用することができます。専業主婦の方が消費者金融等の貸金業者からお金を借りる場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になります。また、借入ができるのは配偶者の年収の3分の1までです。

 

審査は、銀行のカードローンが厳しく、消費者金融は比較的緩くなっています。ただ、消費者金融の中でも大手や銀行系の消費者金融は審査が厳しめです。中小の消費者金融なら、借入件数が5、6件あっても審査に通ることがあります。主婦の方で審査に不安がなければ、銀行のカードローンが金利が低いので、返済負担を軽減できおススメです。また、貸金業者から借りる場合は、年収の3分の1までしか借りられないので注意してください。もし、既に借入残高が年収の3分の1に達しているなら、借入はできません。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、既に借入残高が年収の3分の1に達していても申し込みは可能です。