消費者金融と銀行カードローンの違い

比較的気軽に利用できるローンとして消費者金融のキャッシングと銀行カードローンがあります。
どちらも原則として本人に安定した収入があれば借入ができます

 

 

消費者金融と銀行カードローンの違いは、まず、消費者金融は貸金業者なので貸金業法に基づき貸付を行い、銀行は貸金業者ではないので貸付の際に貸金業法の制約は受けず、銀行法に基づいて貸付を行うということです。

 

消費者金融は貸金業法の中に定められている総量規制に沿って貸付を行うので、借り手の収入の3分の1を超える金額の貸付はできません。例外として、自分に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までは貸付ができます。また、個人事業者への貸付も総量規制の例外なので、年収の3分の1を超える金額でも貸し付けが可能です。ただし、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万 円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めなければなりません。

 

これに対して銀行のカードローンは、総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える額でも借入ができます。また、限度額が100万円以下或いは200万円以下なら収入を証明する書類も提出する必要がありません。300万円以下なら収入証明書は提出不要という銀行もあります。銀行のカードローンの中には専業主婦も利用できるものがあります。限度額は低く設定されていますが、配偶者の収入証明書の提出も必要なく、本人確認の書類だけで申し込みができます。

 

消費者金融と銀行カードローンのもうひとつの違いは、審査が銀行のカードローンの方が厳しいということです。消費者金融であればある程度の借入件数があっても審査に通ることがありますが、銀行のカードローンの場合は、4件以上の借入件数があると審査に通るのが難しくなります。消費者金融、特に中堅以下の消費者金融であれば、借入件数が5、6件あっても審査に通ることがあります。