キャッシングまでの流れ

金融機関からお金を借りるのは、一昔前から考えるとずいぶん便利になりました。金融機関に行かなくてもネット上で手続きが完了しますので手軽にキャッシングができるようになっています。

 

キャッシングの申し込み方法は様々で、パソコンや電話、ケータイ、スマートフォン、店頭窓口、自動契約機、郵送などです。時間の無い方なら、ネットからの申し込みが便利です。申し込みは365日24時間いつでもできるようになっています。自動審査対応の時間帯なら、申し込みフォームを送信すると仮審査の結果がすぐにわかります。申し込みフォームに入力した内容が事実と異なっていると、審査に通りませんので、必要事項は正確に正直に入力してください。仮審査の結果が分かったら、運転免許証や各種の保険証、パスポートなどのなかからいずれか1点を本人確認書類として送付します。ファックスで送ることもできますし、メールに添付して送ることもできます。その後、在籍確認のため職場に電話があったり、契約内容確認のため、申し込みフォームに入力した連絡先に電話がかかってくることもあります

 

問題が無ければ、契約手続きに進むことができ、お金が指定の口座に振り込まれます。契約書やカードは後日郵送されてきます。あるいは、本人確認書類を持っていって、自動契約機で手続きをすれば、その場でカードを受け取り、すぐに利用できます。

 

最近では、申し込みから借入まですべてネット上でできて、カードが発行されなかったり、郵便物も送られてこない場合もあります。このように、キャッシングはとても気軽にできるようになっていますが、気軽さのために不必要に借入をしないように注意してください。各金融機関のサイトには、返済シミュレーションができる機能があるので、先ずは月々どのくらいの返済になるかなど確認してから、返済能力の範囲内で借入をするようにしてください。審査に不安が無い方なら銀行のカードローンが金利が低いので、返済負担を軽減できます